スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D'Angelico 帰還
2010年12月28日 (火) | 編集 |
9月の「こむこむジャズフェスティバル」のリハーサルのときに
ビッグバンドの先輩のギターがギタースタンドごと
椅子に座っているぼくのギターの方へ倒れて来てよけきれず
先輩のギターのヘッドがぼくのギターのボディに
ぶつかってしまう事故があり
表板が傷が突いてヒビが入ってしまった
D'Angelico NYL-2 CUSTOM がやっ......と帰ってきました

R0014286.jpg
Before

R0015342.jpg
After

全塗装と部分塗装で
修理代金の見積は出してもらいましたが
塗装の仕上がり具合よりも
音の影響を考えて部分塗装で修理依頼

深く傷が入った部分は埋まり
ヒビ割れはほとんどわからない
時間を掛けただけあって
とてもキレイな仕上がりでボディ鳴りにも影響は無し
部分塗装にして正解でした
(ただし12月のコンサートには間に合わず
 ストラトキャスターに活躍してもらいました)

新しい弦に交換して弦高をやや下げ
オクターブピッチの調整のために
ブリッジを若干移動
R0015345.jpg
表板が日に焼けたように変色していて
元々ブリッジに隠れた部分が白く見える
これはギターの成長みたいなもので
こうしてギターが渋く良い音に鳴って行くのが
全塗装してしまうとすべて失ってしまう
TACOMAのときに経験済み)

このギターはJAZZをやるために手に入れたし
手元を離れて代わりにストラトを弾いている間
「JAZZ=フルアコ」のコダワリのようなものが少し強くなりました
修理代もけっこうかかったし元を取るためにも(?)
このギターを弾いてゆこうと考えています
スポンサーサイト
アコギの教科書
2010年04月17日 (土) | 編集 |
じぶんの好きなミュージシャンが教則本を出すと
ついつい買ってしまって

090301_0406~0001
初心者向けだけでもこんなに持ってるにもかかわらず

R0013528.jpg
新しく出た坂崎幸之助大先生の
「アコギの教科書」を買っちまいました(ほとんど条件反射)
内容は初心者向けなので
これまでの本とはあまり変わらないのだけど
今回はなんとDVD付き

R0013525.jpg
こうして
映像で手本を見れるのはとても解りやすいです
でも
エクササイズを画面に合わせていっしょに弾くと
けっこう出来なかったりする
基本は常に大事だな~

R0013527.jpg
そして今回の注目は
なんといっても 1968年製 Martin D-45 !!!!!
去年の秋にコンサートで目撃してますが
その時はギターの音が正直言ってよくわかんなかったんだけど
こうしてギター一本で弾いてるところを見れるのは
とても嬉しい
ぼくらには直に音を聴く機会などないからね

この年のD-45は生産台数が少なくて
骨董品的付加価値も付いちゃってるし
コレクターががっちりキープしてるから
もし売りに出てたとしてもとんでもない値段になるんだよね

そんなギターが巡りめぐって
現役バリバリのミュージシャンに渡って
素晴らしい音で弾いてくれて
それをぼくらは聴く事ができる
シアワセなことだなあ
このギターを売った方にも
このギターを買った坂崎さんにも
ありがとう!という気持ちです♪
TACOMA帰還
2010年02月16日 (火) | 編集 |
塗装剥離(↓)でRe-finishに出していた
R0011938.jpg


TACOMA D-18が帰ってきました
R0013295.jpg


Before
R0011936_20100216203907.jpg
After
R0013297.jpg

Before
R0011941.jpg
After
R0013298.jpg

Before
R0011943.jpg
After
R0013299.jpg


塗装の仕上がりは美しく新品の様な輝き

マホガニーの色合いは

以前のしっとりした感じから明るいものになりました

ただ

ネックがサテンフィニッシュになっていて

サラサラ手触りのネックはぼくは好きじゃないし

仕様を確認しとけばよかったですね


あと

やはり音は変わり

新品の音になってしました

これはこれですごく良いんだけれども

買った当時の印象には全然かなわない

弾いてればまた変わって行くにしても

音がリセットされたことによって

いままでいろんな場所で

このギターを弾いて来た思い出までが

途切れたような気がしてしまいます



予想してた事が

その通りのになってしまうのも

なんだかなー・・・という感じですが

元気出してライブでこのギター弾かなくちゃ!!

と思う次第です
TACOMA 旅立つ!
2009年10月12日 (月) | 編集 |
TACOMAギターの塗装剥離の問題は
ほとんどのユーザーなら知っていることだと思う

ぼくの DM-18 も
ボディのサイドとバックの塗装が一部浮いて白くなってて
でも音には影響がないから気にしていなかったけど
しばらくケースにしまいっぱなしにしていて
先日久しぶりに出してみたら
ヘッドのロゴの部分がやられてしまった
R0011936.jpg
これにはぼくもびっくり
音が変わってしまう恐れを承知で何万円もかけて再塗装するか
音は本当に好きだから部屋の中だけで弾くにしても
塗装剥離がもっと進んだらギター自体に良くない
ここはどうすればいいのか悩んでしまった

そこで
フィリップに星の本棚に入ってもらう
キーワードは「TACOMA 塗装 剥離」
検索結果はいくつも出てきたけど
よくある「質問」の記事の「回答」に参考になるものは無いし
リペア屋さんのブログで塗装のリフィニッシュ記事を見て
やっぱり専門家に頼むしかないかと考えてたら
あるTACOMAユーザーの方のブログに
かーなーり凄い情報が書かれていた

それは
日本で発生しているTACOMAギターの塗装剥離について
メーカーと輸入代理店が無料で対応してくれるとのこと
ただし条件が
キタハラ楽器の保証書があり
所有者がファーストユーザーであることなんだけど
ぼくの場合それらを満たしているので
キタハラ楽器さんへ電話をして
購入年と買った楽器店とギターの状態と
上の情報を知った経緯を話して
いまでも対応していますか?と尋ねたら
「いまTACOMAは山野楽器さんでやってるんですよ」
と言われる
な、なんだってーーーー!!!(AA略)
それは知らなかった!

でも
「山野さんでも条件が揃っていれば受け付けてます
 もしも楽器店さんで対応できないことがあればまたお電話ください」
キタハラ楽器さんは現在扱ってない品物の問い合わせなのに
こちらの話を全部聞いて丁寧に答えてくれて嬉しい
そういえば
このギター買うときに社長さんと電話で話してるんだけど
とても感じの良い方だったなあ

そして
郡山の十字屋楽器に電話をして事の成り行きと
山野楽器さんへの問い合わせをお願いする
こちらの対応も早く直ぐに折り返しの電話が来る
山野さんでも同じ条件で再塗装の受付可能とのこと
ここでやっとリフィニッシュへの踏ん切りがついた!

Tacoma Guitars がフェンダー社に買収されて
日本の輸入代理店も山野楽器に移ったのだけど
アフターについてもちゃんと引き継がれてた模様
並行輸入や中古で買って「安かった~」なんて喜んでたら
今ごろ泣いてたな
まともに買っててよかった
ぼくはギターを買うときの考えが大半の人たちとは違うから
これからも新品のギターは十字屋楽器でしか買わないし
それぞれのギターに思い入れがあるから手放したくない
でも十字屋の社長さんも
このヘッド見たときはびっくりしてたね
長年楽器扱ってきて
こんな状態のギターは初めてだそう
これじゃメーカーが責任持つの当たり前だって!

そんなわけで
ぼくのTACOMA DM-18はアメリカへ里帰りしてます
3~4ヶ月はかかるみたいだけど
戻ってきて音を出すときが楽しみ

またこいつとLIVEやりたいな♪
スコア・コレクション1
2009年05月20日 (水) | 編集 |
ある曲の譜面を探すために
押し入れの中のダンボール箱を引っぱり出したら
出てくるわ出てくるわ・・・
090520_2056~0001
どの楽譜もぼくのギターの教科書です
一番古いのは昭和58年かな?


このバンドは青春時代のアイドルでした
新しいLPが発売されると
ギターで弾きたいから
その「弾き語り集」を買うんだけど
それに飽き足らず「バンドスコア」も買ってたんだよね

この人たちの曲はアレンジが大げさだから
分数コードやテンションコードはもちろん
曲の途中で別の曲になったり
転調したり変拍子になったり
ドラムのフィルインもけっこう正確に採譜されてるし
そんなのを見ながら曲を聴きまくっていたら
自然に楽譜が読める(追える)ようになりました

ギターの耳コピーが出来るようになってくると
TAB譜の間違い見つけるのも楽しかったし(?)
とにかく片っ端からギター弾いてたね
"THE"が付く前の曲なら
全部そらでギター弾いて歌えたくらい
(今は忘れてるけど)
14年目のギター
2009年03月20日 (金) | 編集 |
テリーズテリーがリペアから帰ってきました

20090320202130
フレットとナットとサドルといった

弦周りの部品をすべて交換

20090320202127
ボディとネックにできていた隙間も埋めてもらって

ボディもピカピカに磨いてもらいました

音のバランスと弾きやすさが段違いに良くなって

これからまた長~く活躍してもらいます

コンタクトマイク
2009年02月28日 (土) | 編集 |
チューナーにつないでいるマイクが断線したようなので
20090228173021

新しく買った物が届きました
20090228173019

ギターのヘッドに付けたまま使うチューナーが流行ってますが

その方がきっと便利なのでしょうけど

ヘッドの先っちょに何かが付けっぱなしの状態は

見た目的に格好いいとはとても思えないので

ぼくはこの方法でチューニングしています

見てくれは大事です

フルアコを買いました!
2008年01月12日 (土) | 編集 |
つ・い・に
念願のフルアコースティックギターを買いました~!

D'Angelico NYL-2 CUSTOM (詳しい仕様はこちら


注文していたのが届いたのを
きょう受け取りに行きまして
一目見た瞬間
形も色も材も美しくていっぺんに気に入りました

もちろん音の方も・・・良い!!!

だ・け・ど
ジャズギターリストとしてのぼくの腕前は
まだまだなので
このギターの良さを弾き出せるよう
精進しなくちゃな!

ギター買うのも久しぶりだし
それもスゴく良いギターが手に入って
もう気分はルンルンです

あしたはこのギターを持って
ことし初の「ジャズギター道場」へ行ってきます~!



※sawaraさん写真ありがとう!
第2回 アコギバトン お題:あなたのギターアクセサリー見せて
2007年11月25日 (日) | 編集 |
やっと長文を書く時間ができまして
右手にスカルプチャー』のJOEさんからのバトンです

ぼくはなんでもそうなんですが
一度気に入ると他の物を試すことはしないので
自分の知っているものしかわからないし
ほんとに詳しくないんですが
こんなのを使ってますよ、ということで
ぼくのギターアクセサリーを紹介します
第1回 アコギ・バトン
2007年09月06日 (木) | 編集 |
このブログによくコメントをくださる
JOEさんからのバトンです

1.今、保有しているギターは?
 (メーカー・機種・いくらぐらいか(笑))

 Terry's Terry(カスタム・メイド 1996年製)
 20060220204211.jpg
 1280000円
 エレアコ仕様でぼくの名前入り
 詳しくはこちら
 いちばん弾きやすいライブ用ギター
 生音もラインの音も最高

 C.F.Martin 000-28EC シリアルNo.976595
 20061028191649.jpg
 いわゆる定価で購入しましたが
 納得の大当たりギター
 詳しくはこちら
 ぼくのギターの中でいちばん好きな音
 生音主義者なので改造するつもりはありません

 TACOMA DM-18 シリアルNo.F3100160(2002年)
 20060611202722.jpg
 本体180000円+ピックアップ40000円
 詳しくはこちら
 バカ鳴りのドレッドノート
 現在ピックアップは壊れてしまい
 取り外しています
 
 YAMAHA CPX-8-12 シリアルNo.01220028
 YAMAHA CPX-8-12
 本体80000円+ハードケース(値段忘れた)
 12弦ギターでなければ弾けない曲があって入手
 注文するときに厳選してもらったので
 低価格でもかなり音の良いギターを買えました

 持ってるアコギは以上!


テーマ:アコースティックギター
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。