スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケロロ軍曹なう!であります!
2011年03月19日 (土) | 編集 |


福島でこの時間帯にやってるの

知らなかったであります!

「ケロっとマーチ」をケロロ小隊が歌ってるのも

知らなかったであります!
スポンサーサイト
2011ガンダム大地に立つ
2011年01月01日 (土) | 編集 |


年越しプラモはこれでした

趣味モデラーとはいえ

人生何度目の「RX-78-2」なのでしょう?

次はシャアザクかな
「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」をやっと見た
2010年12月30日 (木) | 編集 |
アニメの「ヤマト」を見るのは
いままで一度も見直すってことしてなかったから
中学生以来かなあ
ぼくは完全にガンダムブームの世代だし
ヤマトファンではない
いろいろなトラブルがあったのは知っていて
復活するって聞いたときは
まさかー?でも、あの西崎さんならやるだろうな
っては思ったけどねw


そんなわけで感想

ストーリー展開は
ご都合主義と予定調和の王道で
昔からアニメを見ていた年代には
「ヤマト」らしさは伝わっても
今現在の若いアニメファンには通用しない
脚本の台詞回しが一々古くさい

画の方は
メカデザインや戦闘シーンの出来は素晴らしい
だけど人物の動きはまるでダメ
70年代のTVアニメ以下の出来で(言い過ぎか)
今どきあんな画でよく映画公開できたよな
キャラデザインや動画監督の方の作品は
子供のころ大好きだったのにガッカリ

いきなり「原案 東京都知事」の文字が出てきて
ムカついてしまったり
怪我している隊員の手当をするのに
服の上から包帯巻いたり
地球が滅亡しようとしているのに
移住するのは人間だけかよとか思ったり
破壊される第三艦橋に「あーやっぱり」とか思ったり
突っ込みどころは満載でそれはそれで楽しめました
地球を飲み込もうとするブラックホールに
波動砲を撃って助かるのは誰もが予想してたでしょう?

あ、山ちゃんの古代進は良かったと思うよ!

それから
エンドロールで

監督 西崎義展

ってでっかく出たときは大笑いwww

復活篇 第一部 完

には( ゚д゚)ポカーン
これも「ヤマト」らしさだよねww

THE ALFEEは(具体的には明かしてないけれど)
この主題歌の仕事を取るのに
「僕らでもかなり大変だった」そうです
長く業界で活動して実績があっても
タイアップを取るのは簡単にいかない
音楽業界全体がそんな状況のようです
「この愛を捧げて」は
去年のコンサートで歌われるときに
ステージのバックに「ヤマト」が映し出されて
それがとても印象的でした
この曲は高見沢らしさが良い方に出ていて
ぼくは好きな曲です
http://konkun.blog50.fc2.com/blog-entry-3637.html

それにしても西崎さん
まだまだ「ヤマト」作りたかったんだろうな
せっかく松本センセイを排除して
「ヤマト」を自分のモノにしたのに
その名前を付けた船から落ちてしまうなんて・・・合掌
いろいろあったにせよ
影響力の強い作品を世に出したことでは
凄い人でありました

上映当時に映画館で見る事は出来なかったけれど
今この時期に見たおかげで
「実写板」を見る勇気が湧きましたw

さ、明日は映画見に行くゾ!
「1/500 宇宙戦艦ヤマト」を買いました
2010年12月11日 (土) | 編集 |
1/500宇宙戦艦ヤマト
じぶんのテンションを上げるために(?)

ヤマトのプラモデルを買ってしまいました

箱がデカイ!


コンサートが終わったら組み立てて

年末年始の休みに塗装しようかな

全塗装はずいぶんやってないな

映画も見に行かなくちゃ


そんなわけで(?)

きょうはゲネプロ

あしたは本番です!
ガンダムエース買っちゃった
2010年10月31日 (日) | 編集 |


潔く、立ち読みは諦めた
ガラスの仮面
2010年10月31日 (日) | 編集 |


まさか、また実写化なの?
ケロロ軍曹21巻
2010年09月27日 (月) | 編集 |


発売日はチェック済でありましたが

本日ゲットしたであります!

毎月(立)読んでるつもりでも

コミックスで読むとけっこう抜けているであります

アニメは一年以上見てないのに

ケロロの台詞は宇宙渡辺久美子さんの声で読んでしまうであります!
仮面ライダーW サイクロンジョーカー
2010年09月20日 (月) | 編集 |
このあいだ買った

マスターグレード フィギュアライズ 仮面ライダーW(ダブル)

1/8スケール 仮面ライダーW サイクロンジョーカー

って長い!

やっと組み立て完了


今回は素組でシール貼ったのみの仕上げです

R0014431.jpg
黒い仮面ライダー?

R0014433.jpg
緑の仮面ライダー?

R0014430.jpg
いや、両方だ!

R0014432.jpg
半分こ怪人じゃないぞ!

R0014422.jpg
サイクロン!ジョーカー!

R0014420.jpg
「さあ、お前の罪を数えろ!」

R0014425.jpg
マキシマムドライブ


ガンプラ以外の人型プラモを久しぶりに組みました
「MG孫悟空」はスルーしてましたが
「仮面ライダーW」は面白くて好きで見てたしね

このキットも人間とほぼ同じ動きがとれて
肘を曲げると二の腕の筋肉が盛り上がるギミックがあって
そんな点も面白い

冬のライダー映画で「W」は帰ってくるし
今後「MG仮面ライダーW」からは
「ヒートメタル」や「ルナトリガー」が発売されるので
これは揃えたい
成形色を変えて武器を加えるだけだから
メーカーさんとしては展開しやすい商品ではあるね
「W」の9つのフォーム揃えるには
幾つ買えばいいのかな?
計算わかんないや~

それからBANDAIさん!
この「フィギュアライズ」シリーズが商業的に成功して
ほとんどのライダーがプラモデル化されたら
「1/8 高岩成二」を出してください!
お願いします!!!
劇場版「機動戦士ガンダム00」を観た
2010年09月19日 (日) | 編集 |


「ガンダム」19年ぶりのオリジナル劇場映画

「機動戦士ガンダムF91」は
公開当時仙台に住んでいて仙台松竹で観た
それから”ガンダム熱”は冷めていき
続いていた「ガンダムシリーズ」は見たり見なかったり

「00」についてはテレビで放映していたとき
設定やストーリーがしっかりしているし
モビルスーツのデザインが気に入って
プラモデルも幾つか作っていたので
わりとハマって見ていた方だった

そんな「00」のオリジナル映画ができると知ったときは
コドモのころの高揚感みたいなのが蘇った気がしたし
映画でどう完結させるのか興味があるし
福島県の公開は10月30日からで
そんな先までガマンできないしする気もないので
仙台まで観に行ってしまった

しかし仙台のシネコンって規模がダンチだね


劇場版「00」は”感動”というよりも”納得”って感じ

「人類の相互理解」なんて
重たいテーマで現実的には解決の見えないもの

かつて過去の作品の中で
”ニュータイプ”であるアムロ・レイとνガンダムが起こした奇跡は
地球に落ちる隕石を押し返すのが精一杯で
シャア・アズナブルと共に消えてしまったのは
結局「人はわかりあえない」という事を言いたいのだと
ぼくは受け止めていたけれど
「00」ではテレビシリーズで示した
「わかりあう事」というテーマを物語の中で具体的に表現していて
主役機の「ガンダム ダブルオークアンタ」は
これまでどの作品でも「破壊」の象徴であったガンダム像が
まったく別の象徴に「成って」しまった
そして人も変わってゆく
変わらなければいけない

それはとても映画的でアニメ的だったし
ロボットアニメ(これを忘れてはいけない)で
そうした難しいテーマの「答え」をきっちりと示した
製作陣をぼくは支持したい
やっぱアニメはさ、未来に希望を持てるものじゃないと!

画的には
線も配色も柔らかく
動きは人物も戦闘シーンも滑らかで
素晴らしい出来上がり
その画に込められた声優陣の熱演
アニメーションムービーとして
かなり完成度の高い作品です

もっと書きたいことはたくさんあるけど
ネタバレを避けたいのでここまでにします
とにかく
すべての要素について”納得”ということでした


最後に

ウルトラマンゼロは刹那・F・セイエイと融合すればいいのに!

ダブルオークアンタ買ってみっかな~?
劇場版ガンダムタブルオーを見に
2010年09月18日 (土) | 編集 |


仙台に来たよ

限定版ガンプラは完売だとさ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。