スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.4.11 華麗なるpiano Jazz
2010年04月29日 (木) | 編集 |
(だいぶ時間が過ぎてしまいましたがまだ感動が残ってるので)

時代屋ライブの後ミカサで知り合った
城田有子さんのピアノがどうしても聴きたくて
翌日いわきまで行ってきました


イタリアンレストラン don3

R0013537.jpg
パスタが美味しかった

R0013543.jpg
熊谷ヤスマサさん
演奏聴くのは昨年11月のBAR QUEEN以来
速いパッセージは流麗で
和音の響きはCoolなサウンド

R0013546.jpg
城田さんのオリジナル曲は
世界中を旅して行く先々でインスパイアされて書かれたそう
その国々特有のメロディを織り交ぜた曲はイメージが広がってゆく
それに城田さんが弾くピアノは音は温かいですね
「明日に掛ける橋」の独特なアレンジも良かったです


R0013548.jpg
このライブの主催者の牧野せつ子さん
いつもいつもお世話になってます

R0013550.jpg
ピアノデュオ・セッション

R0013557.jpg
逆パターン

R0013564.jpg
終演後

R0013568.jpg
弾かれしピアノ
二人のピアニストによってまったく違う音を出していた

R0013570.jpg
いっしょに写真撮ってもらっちゃいました


ぼくはJazzについては
ジャズギタリストばかり聴いてるし
やっぱり宮之上派だからビパップ好きだし
ビッグバンドにいても手本にしているのは
フレディー・グリーンがいるカウント・ベイシー楽団とかだから
古い時代のものに耳が行っているんですね
なので
生のライブでJazzを聴くときはいつも
フラットな状態に自分を置くようにしてる
熊谷さんの新しい感性や
城田さんの独自でイメージ豊かな演奏は
とても新鮮な響きで聴いていて楽しかった
いわきまで来た甲斐がありました
牧野さんも素敵なライブをありがとうございました♪

城田さんからは
「今度いっしょにやりましょう」とのお言葉をいただきまして
確かに前の晩ミカサでマスターとビートルズやりましたけど
あれは酔っぱらいの余興なんだよなあ~
そのうえで声を掛けてくださったとしたら
なんと懐の広い方なんでしょう!
僕の方からは「福島の曲を作ってください」とお願いしました
また近いうちにお会いできるような気がしてます
てゆうか誰か呼んで!(←誰に言ってんだか)


【当日のつぶやき】
 ↓
1st 熊谷ヤスマサさん。 http://twitpic.com/1etpzy
6:59 PM Apr 11th TwitBird iPhoneから

パスタうまー。 http://twitpic.com/1etpn3
6:57 PM Apr 11th TwitBird iPhoneから

料理待ちなう。運転なんでコーラ。 http://twitpic.com/1et97i
5:33 PM Apr 11th TwitBird iPhoneから

到着なう。今夜は城田有子、熊谷ヤスマサ、二人のピアニストのライブです。 http://twitpic.com/1et5gc
5:14 PM Apr 11th TwitBird iPhoneから

湯ノ岳なう。 http://twitpic.com/1est6n
4:20 PM Apr 11th TwitBird iPhoneから

いわきへ行ってきます。 http://twitpic.com/1esam3
3:09 PM Apr 11th TwitBird iPhoneから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。