スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3D版を見てきた
2010年08月17日 (火) | 編集 |
劇場版「仮面ライダーW」の3D版が
どうしても見たくて地球の本棚を検索
いちばん近いところは名取エアリのマイカル
映画を見れる時間はきょうしかないので行ってきました


じつは一年ぶりにここに来た

IMG_1491.jpg
マイカルに入るのは初めて

IMG_1493.jpg
3D映画”+300円”はメガネ代なの?

IMG_1495.jpg
メガネの上にメガネ


3D版の感想は
ゴセイジャーも仮面ライダーWも
変身のエフェクトや爆発等の特効のCGや
特撮部分と人物の立ち位置があまり動かない画面で
”立体感”を演出しているだけで
生身やワイヤーアクションの場面では
3Dの効果をだすような映像はいっさい無かった

アクションシーンでこそ3Dの効果が出るとは思うけど
そこまで作り込む製作時間は無かったのかも

画面の中の人物の遠近は
のっぺりとした画を”貼付けた”ように見えるし
立体CGは実写部分と画質が一致していない
全体的に中途半端な出来だと思ったし
3D用のメガネで一時間半くらいスクリーンを見続けて
目がとても疲れてしまった

3D映像を活かせる作品は
いまのところCGアニメーションだけだと思う
製作費の桁がダンチのハリウッド映画に水を開けられて
邦画で3Dで見てこそ面白い作品は
当面出てこないだろうね

せっかくの「仮面ライダーW」の感動も
半端な3Dのせいで薄まってしまった
口直し(目直し?)に通常版を見たい気分だ

あ、そうそう
3Dメガネは持って帰ったけどいいんだよね?
そんでもって
次回3D映画見に行くときは持ち込めば
”+300円”は無しってことには

ならないよなあ~

コメント
この記事へのコメント
追記
テレビは地デジで見てるから
映画のスクリーンの映像はショボく見えたのだろうか?
2010/08/19(Thu) 05:30 | URL  | こんくん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。